2016年02月29日

現実を咀嚼


ぷくぷくほっぺだった坊やの顔も、シュッと締まってきて、どんどん少年っぽい顔立ちになってきてます。親のわしが言うのもアレですが、きれいな顔してますわ


目ヂカラもあるし、このまま真っ直ぐ育っていけば、いっぱしの色男になるかと
(;´∀`)


未来の色男さんは、今日も母ちゃんに甘えておりました。でも、月初みたいに泣きわめくことはなく、淡々と自分の想いを語りつつ、現実をうまく咀嚼しようとしているように見えます


そう、いまはゆっくり考えてもいい時間。そしてこれは、坊やの成長のために必要な時間


父ちゃんはずっと見守ってるからね
(・∀・)


posted by woep at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月28日

がっちゃん


坊やとYouTubeでプラレール関連動画を見ていて、偶然見つけたのが「がっちゃん」という男の子の動画シリーズ。以来、坊やは「がっちゃん」の動画がお気に入りに


プラレールで遊んでたり何処かへ遊びに行ったりと、何の変哲も無い動画ばかりなんですが、なぜか坊やの琴線に触れたようです。がっちゃん動画を見ない日は無いほどになってます
(;´∀`)


動画の中のがっちゃんは、元気に遊び回り、何でもよく食べ、好奇心旺盛なので、坊やはちょっぴり憧れもあるみたい


今日はがっちゃんの真似をしたかったのか、よく行くご飯屋さんでアイスをペロリ。以前は食べたがらなかったのになぁ


そのうち坊やも「動画に出たい!」とか言い出すのでしょうか。それは避けたいのですが
(;・∀・)


posted by woep at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月27日

お休みの特別感


今日の坊やは朝からご機嫌さんで、母ちゃんが会社へ行く際にも、先週のように泣き叫ぶこともなく、ちゃんと笑顔でお見送りできました


インフルエンザの時は、やっぱりかなりしんどかったんだろうなぁ


それを挽回するかのように、朝から遊び倒します。父ちゃんはまだ本調子じゃないけれど、坊やのキラキラな笑顔を見てるのは楽しいです


本人の希望でお外へ食べに行ったら、カレーをすごいスピードでペロリと平らげました。お腹すいてたというよりも、久しぶりの特別感が良かった模様


お休みに特別感を覚え始めたら、ハードルのクリアまでもう少しだね
(・∀・)


posted by woep at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月26日

頑張りのご褒美


「おとうさん、きょうな、ちょっとないたけど、ぼうやがんばったよ(・∀・)」


帰宅後、元気に報告してくれる坊やです。朝に母ちゃんと別れた直後は、寂しくて泣いちゃったみたい。でも、一日ちゃんと頑張ったんだよね


ちょっと泣いたと、正直に報告するところがエライ
(;´∀`)


それは坊やなりの達成感でもあるのでしょう。そういう頑張りにはしっかり応えるのが父ちゃんなのです
( ー`дー´)キリッ


ということで、坊やの大好きな「レスキューファイアー」のロボットをプレゼント。大喜びしてました


明日はこれでいっぱい遊ぼう
(・∀・)


posted by woep at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月25日

坊やの絵


一昨日、坊やが初めて「作品」として描いた絵は…


2016022522520000.jpg


母ちゃんの似顔絵でした
(・∀・)


坊やいわく「やさしいときのかーかー」を描いたそうで、しかし、


「まゆげかくのん、わすれちゃった(;・∀・)」らしいですw


ちゃんとお絵描きも出来るようになってきたんだなぁ
(・∀・)


posted by woep at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月24日

パチン!


明日はお休みだというのに、夜になるとグズり始める坊や。お風呂場で理由を聞いたところ、「あしたおやすみやけど、そのつぎほいくえんやから…」とのこと。そこまで考えてるんか
(;´Д`)


しかし今日のグズり方はタチが悪い。気に入らないと、母ちゃんの顔をパチン!するのです


仕方がないので、父ちゃんが坊やをパチン!しました。これまで一度も手をあげたことは無かったんですがね。まぁここは父親の役目かと


軽く撫でた程度ですが、予想通りギャン泣き。ただ、日頃から「泣いてばっかりの子の話は聞けへん」と言うてたせいもあってか、いちおう父ちゃんの話はちゃんと聞いてました


母ちゃんにも、ちゃんと「ごめんなさい」出来たんだけど、父ちゃん的には何か引っかかるのよね


いや、遺恨とかじゃなくてね。まぁこれも予想通りではあるのだけれど
(´・ω・`)


posted by woep at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月23日

一皮むけた?


朝は盛大に粘ったものの、保育園では泣くこともせず、元気に過ごしていたようです。案ずるより産むが易しですな
(;´∀`)


帰宅後も、昨日までのようにグズグズいうこともなく、母ちゃんに甘えつつも、それなりにテキパキと物事をこなしておりました


なんか一皮むけたかな?


まぁいまだに「ほんまはな、ほいくえん、いきたくないねん」とは言うてますんで、その本音は持ったままなのでしょう。そりゃ別に構わないさ〜


父ちゃんだって会社へ行きたいわけじゃないからね
(;´∀`)


自由奔放から「義務」を覚えていく段階、坊やはどうクリアしてくれるかしら
(・∀・)


posted by woep at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月22日

明日は登園


明日から久しぶりの登園な坊やです。父ちゃん主張から連休を挟んでインフルエンザでのお休みと、実は今月はほとんど保育園へ行ってないのね


また例によって「保育園行きたくないモード」が発動しまくるかと思いきや、まぁそれなりに発動はしたんですが、思うてた程ではありませんでした


覚悟を決めた、わけではないようですが、なんとなく、ちょっと保育園のお友達にも会いたくなったんやないかと


明日は元気で行っておいで。そしてお休みの日は、また一杯遊ぼう
(・∀・)


posted by woep at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月21日

不安定な気持ち


平熱で安定した坊やですが、まだお昼寝はいつもより長め。いったん1時間ぐらいで起き出してくるのですけど、父ちゃんの周りでゴロゴロしてるうちに、また寝てしまうのです
(;´∀`)


再び起きても、座ってる父ちゃんの背中から抱きついてきたり、ひざの上にゴロンしてきたり、とにかく「父ちゃんに引っ付きたいDAY」だった模様


朝、母ちゃんを泣きながら見送ってた際には「かーかーのほうがいい。・゚・(ノД`)・゚・。」とか言うてたのになw
(;´Д`)


体調は戻りつつあっても、気持ちの不安定さはまだ続いてるようです。こりゃ長期戦だな
(;・∀・)


posted by woep at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月20日

大変な一日


高熱がぶり返してうなされていた父ちゃんですが、今日は坊やを自宅で見守らねばなりません。朝から必死のパッチです
(;´Д`)


少々の熱なら動けるんですけど、さすがに42度も出てしまうとどうしようもありません。体が起動しないのね


しかしインフル余波なので、実家や義実家に訪問を依頼するわけにもいかず


とりあえず、万が一事故があった場合でもなるべく早めに対処できるよう、オカンに2〜3時間に1回は電話をかけてくれと頼みました


電話よりも行ったるわ!と言われたものの、感染させるのはマズイので、朦朧とした頭ながらも丁寧にお断り。ありがたいんですけどね


幸い事故もなく、坊やも父ちゃんを気遣ってか、とてもよい子にしてくれてましたので、なんとか無事に一日を終えることが出来ました


大変な一日だった…


posted by woep at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月19日

回復


坊やのインフルエンザ禍もようやく収束です。お医者さんから月曜日以降の登園許可もいただきました。とりあえずひと安心です
(;´∀`)


ただ、完全復調というわけではなく、いつもより長めのお昼寝を取るなど、病後の疲れはあるようです。そりゃそうだ。このちっこい体で、あんな高熱に耐えたんだもんね


お薬も、渋々ながらちゃんと呑めました。あとは体力の回復を待つばかり


元気になったら、またお外へ遊びに行こうね


その前に父ちゃんも治さないとだけど
(;´Д`)


posted by woep at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月16日

恒例の


特撮番組よろしく「お父さんの力を貸してあげるね」と言いながら背中に手を添えると、坊やはこっくりうなずきます


そして「しんどいのは、全部お父さんがもらってあげるからね」と言うてあげると、わずかながら安堵の表情を浮かべるのです。やっぱりしんどいんだなぁ
(´・ω・`)


でもね、父ちゃんは単にポーズでやってるんじゃないんだ。なんてったって不思議ちゃんだからね


はい、もう恒例とも言えますが、見事に坊やのインフルエンザを頂戴しました
(;´Д`)


いやーキツイわこれ。現時点でこれです。父ちゃんは平熱が低いので、みなさまの39度ぐらいだとお考え下さい
(;´Д`)


2016021620440001.jpg


こんなのに坊やは耐えてたんだと思うと泣けてきます
(´;ω;`)


高熱でヒーヒー言うてる父ちゃんの一方で、その坊や。昨晩は高熱のせいで眠りが浅く、何度も起きてましたが、今夜はすやすや眠ってます。ちょっと楽になったみたい


よかった
(・∀・)


posted by woep at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月15日

インフルエンザ


坊やがインフルエンザ(A型)に罹患しました。ちょっと前に保育園内で流行ってたと聞いたので、その余波を喰らったのかもしれません
(´・ω・`)


昨日から微熱はありましたが、そこそこ元気で食欲もあったのです。しかし今朝、一転して熱が高めに


それまでは抑え込んでたものの、たぶん月曜日で「またおとうさんとかーかーが かいしゃにいってしまう」という気持ちもあって、発症したのかもしれません
(´・ω・`)


診察も受けてお薬も貰ってきましたが、初日ということもあり、夜になるにしたがって高熱になってきました。これは1歳の頃、父ちゃんが水枕を探して夜の街を疾走した時以来の熱です


今夜を越えたら、ちょっとは楽になるかなぁ
(´・ω・`)


posted by woep at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月14日

理屈はわかる


坊やと2人で過ごす休日です。なんだか久しぶりのような気がします


午前中は例によって「かーかーがおしごといったら、さびしい(´・ω・`)」「ずっとおうちにいたい(´・ω・`)」を繰り返してましたが、1つ1つに丁寧に受け答えしているうちに気付きました


どうも坊やは、理屈ではわかってるようなのです。気持ちが付いていってないという感じなのね


ある種「親離れのハードル」なんでしょうなぁ。たぶんこれを越えたら、天使の時間は終わって、少年の時間になっていくのでしょう


お昼寝後は、ひたすら遊んで、遊び倒しましたので、いつものテンションと笑顔が復活。そして寝る前にまたグズるという展開
(;´Д`)


でも初日よりグズり度合いは下がりました。うちの天使は頑張ってます
(・∀・)


posted by woep at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月13日

3回目のお遊戯会


保育園のお遊戯発表会の日です。初年度でステージ強者っぷりを披露してくれた坊やだけに、期待も高まります
(;´∀`)


当人は例によって「おうちにいたい(´・ω・`)」を繰り返しておりますが、園に行けば練習もしっかりしていたようで、かっこいいところを父ちゃん母ちゃんに見せたいという気持ちはある模様


そして迎えた本番
(・∀・)


見事な活舌と落ち着きで、セリフを間違った子をたしなめるなど、よくわからない余裕の動きw
(;´Д`)


ダンスも、指先までピンと伸びていて、かっこよくキメてました。OYBK込みで、やっぱり何か目立つ子だなぁ


坊や自身も「きょうはたのしかった(・∀・)」と言うてましたんで、本人なりの充実感や達成感はあったのでしょう。よくがんばったね


明日は父ちゃんとゆっくり過ごそう
(・∀・)


posted by woep at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月12日

このハードルを越えたら


まだ「おうちにずっといたい…(´・ω・`)」と言うてくる坊やです。保育園でもちょっと泣いたりしている模様
(;´Д`)


しかし一方で、明日のお遊戯会で踊るのであろう「き、き、きのこ」のダンスをパーフェクトに覚えてまして、お家でそれを得意げに披露してくれたりもします


また、園でもお家でも、汚ムツはゼロ行進が続いてまして、おしっこのコントロールもほぼ習得したようです


これはアレかな、産みの苦しみというか成長の通過儀礼みたいなものなのかな?


このハードルを越えたら、きっとまた坊やは少年の顔になっていくんだろうなぁ
(・∀・)


posted by woep at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月11日

何と戦うん?


珍しく家族が揃っていたこともあって、坊やは一日中ご機嫌さんでした。しかし、お風呂に入ってますと、


「ぼうやな、ずっとおうちにいたいねん(´;ω;`) 」と泣き始めるのです


これはアレですな、サザエさん症候群みたいなもんですな
(;´Д`)


そこで父ちゃんは言いました。「おとうさんもね、ホンマはお休みの方がエエのよ。お休みを楽しみにしてるの。でもね、坊やにご飯を食べさせるために、お仕事で戦わなくちゃならんのよ」


坊や、「戦う」というキーワードにピコーンと反応。大好きな特撮ヒーローの何やらと重ねたのか、


「なにとたたかうん?」と興味津々で聞いてきます


「そうやねぇ、クライアントとかクレーマーとかかな」と答えると、たぶんそれが悪の組織とか怪人の名前やと思うたのでしょう、妙に納得した顔をしてました
(;´∀`)


今夜もちょっとだけグズったけど、父ちゃんが特撮ソングメドレーを子守唄がわりに歌ってあげたら、笑顔で寝入ってくれました
(・∀・)


posted by woep at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月10日

思春期?


そういえば自分の幼い頃はどうだったのか。やはり幼稚園へ行きたくないとか言うてたのでしょうか。記憶王だが、都合の悪い記憶は抹消される父ちゃんに隙は無かった
(;´Д`)


オカンに聞いてみっかなーと思うてましたら、プルルルっと電話が。オカンでした


出たなエスパーオカン。わしがこんなんなのも、坊やがあんなんなのも、ほぼ間違いなくアンタのDNAやぞ
(;´Д`)


いわく、わしはそんなこと無かったけど、幼児にはありがちなことで、しばらくしたら落ち着くよとのこと。「おうちにずっと居たい」と言うのは、親の愛情を感じてる証拠だとも


ふむふむ
φ(・ェ・o)~メモメモ


案ずるより何とやら。帰宅した坊やは笑顔満開で、保育園でのいろんなことを報告してくれました。明日はお休みという安心感もあるのかも


先生によると、同じクラスの子はみんなそんな感じ(保育園に行きたくないと泣く)らしく、オムツが取れて脱幼児するこの時期には、よくあることだそうです


思春期みたいなものなのかな
(・∀・)


posted by woep at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月09日

泣き疲れて


「かーかーといたい(´;ω;`) 」


「ずっとおうちにいたい(´;ω;`) 」


「おやすみおわるのん、いや。・゚・(ノД`)・゚・。」


寝る前、ずっとそうやって泣いていた坊やです。切なすぎる…


そのまま泣き疲れて眠ってしまいました
(´・ω・`)


それまでも「きょうおきたらおやすみ?」などと、休みの日を待ってるような言動はありました。寂しいんだなとは感じていたものの、ここまで極端じゃなかったのね


父ちゃんが出張の間、母ちゃんが休みを取って坊やの面倒を見てくれてたのですが、その時間が心地よかったこと、そして父ちゃんがいない不安が、坊やのイヤイヤを発動させたようです
(´・ω・`)


保育園自体は嫌いじゃないみたいなので、この不安をどうやって緩和してあげるかが鍵なのでしょう


いろいろ調べてみたら、似たようなケースはゴロゴロありまして、対策として


・帰宅したらスキンシップを(いままでよりも)増やす
・保育園のことはあまり聞かない
・送り出す時は帰宅後の「お楽しみ」を示唆する


などがあるようです


おそらく当分は続くだろうけど、気長に付き合ってあげることにします


posted by woep at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月08日

切ない


昨晩のこと。ねんね前の坊やが父ちゃんのところへ来て、


「おとうさん、なんでかいしゃいくん?おとうさんかいしゃいったら、さびしい(´・ω・`)」


「おやすみおわるのん、かなしい(´・ω・`)」


「おとうさんとあいたいねん(´・ω・`)」


と語りました。うーん、切ないのぉ…
(;´Д`)


そして父ちゃんの出張中、母ちゃんとずっと一緒にいたこともあってか、今朝は


「ほいくえん、いきたくない(´・ω・`)」


「かーかーといっしょにいたい(´;ω・`)」


「ほいくえんでがんばれない(´;ω;`)」


と泣いてしまったそうです。これまた切ない…


なので今日の帰宅後は、うさぎ小屋掃除や洗濯を後回しにして、父ちゃん母ちゃんで坊やと遊んであげました。ちょっとは満足してくれたみたい


一方、ついに自宅でも脱オムツとなり、おしっこも成功するなど、成長もめざましくなっております


いまは葛藤の時期なんだね
(・∀・)


posted by woep at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記