2018年03月06日

相手の気持ち


園の帰りに耳鼻科によって、買い物をして来る予定だった母ちゃんと坊や。その割には帰りがやや遅い。さては・・・


そして坊やが「ほねほねザウルス」という食玩を抱えて嬉しそうに帰宅。それが遅くなった原因かーッ
(;´Д`)


(`・ω・´) おかあさん、さいしょは「かえへん」ってゆってたけど、


(`・ω・´) ぼくは、ほしかったから、ねばってん


(`・ω・´) きょうは、じびかでがんばったから、


(`・ω・´) そのごほうびで、かってくれてん


(`・ω・´) ぼくのきもち、わかってくれてん


ふむ、耳鼻科で頑張ったんだね、それはエエことです。自分の気持ちをわかってもらえたのも嬉しかったんだね


しかし坊や、母ちゃんの気持ちはわかってあげたのかな?


いつもより遅くなってるから、早く帰りたかっただろうし、ご飯の用意もしなきゃいけなかった。帰りが遅くなると全部が遅くなるのに、そこで坊やが粘ったら、どんな気持ちになるかな?


父ちゃんがそう言うと、坊やは目に涙を浮かべて「いやなきもちになる・・・」と答えました。まぁ坊や自身も、よくないことをしている自覚はあったのでしょう


そうだね。坊やにはまだ難しいかもしれないけれど、自分に気持ちがあるように、相手にも気持ちがあるんだよ?自分の気持ちをわかってもらえて嬉しいのなら、相手もわかってもらえたら嬉しいんだよ


(´;ω;`) うん。こんどから、あいてのきもちも、わかるようになる


ちょっとずつ勉強していこうね
(・∀・)


posted by woep at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記