2018年05月17日

坊やのプレゼン


なかなか見事なプラレールのレイアウトを作っていた坊や。ふむ、じゃあいい子にしてたら、次のプラレール博で坂道レールを買ってあげよっか?と言うと、


(´・ω・`) あんな、ぼく、ほしいものがあるねん


(´・ω・`) それはな、ポポンデッタのまえのおもちゃやさんにあった、きんいろのはこにはいったプラレール


(´・ω・`) とくべつなでんしゃのやつ


(;´Д`) (もしかして:四季島?


そこから、いかにプラレールの四季島が素晴らしいかを語り始めます


(´・ω・`) プラキッズをのせられるねん


(´・ω・`) ねるばしょもあるねん


(´・ω・`) ライトがつくしゃりょうもあるねん


(´・ω・`) めっちゃかっこいいねん


(;´Д`) なんでそんなこと知ってるの?


(´・ω・`) はこにかいてたのん、みてん


(;´Д`) (あの短い時間で、よくそこまで見たな...)


ただ単に欲しいから買ってとか、かっこいいから買ってではなく、坊やなりに商品の素晴らしさを並べて、だから欲しいんだと繋げてくるトークは、まさにプレゼンそのもの


四季島のプラレール、お高いのよねぇ
(;´Д`)


でも坊やのプレゼンに、ちょっぴり心を動かされてしまった父ちゃんなのでした
(・∀・)


posted by woep at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記