2018年11月13日

最後の参観日


保育参観の日です。これが坊やの園生活での最後の参観日になります


母ちゃんと一緒にお砂場で砂山を作ったり、椅子取りゲームをしたりして、坊やは嬉しかったようです。普段は忙しいから、なかなかゆっくり遊べないもんね


たぶん保育園側の意図も、園児たちの日頃の様子を見てもらうとともに、働いている親御さんと子供達がふれあえる時間を設けようとのことなのかもしれません


園児にもよりますが、滞在時間の長い子で、これまでの「人生」の3分の1を園で過ごしていたりもします。年長さんなので慣れているとは言え、まだまだ5歳6歳児です


時に、目一杯甘えたくなったりするよね


そんな園児たちの気持ちに寄り添ってくれる、保育園に感謝です
(・∀・)


posted by woep at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記