2016年01月23日

見られた


いつも坊やと連れ立って行く玩具売場には、時節柄、ひな人形が飾って(販売して)あります。いわゆる雛壇ではなく、ガラスケースに入った小型のタイプです


保育園にある雛人形とは違うらしく、「あれなに?」と聞いてくる坊や。「あれはお雛様だよ」「ふーん」そんな感じだったのですが


ある雛人形の前で、急に坊やが迂回するような仕草を見せまして


以来、坊やは、雛人形の前を通ることはあっても、そちらに視線を向けようとはしません。今日もそうだったので、理由を聞いてみたところ、


「(´・ω・`)なんか…みられた」と言うのです


人形の怪か!
(;´Д`)


幼児にありがちな勘違いだと思いつつ、そういえば父ちゃんも小さい頃、そんな感覚に見舞われたことがあったなぁと思い出し、


「お父さんも同じ気持ちになったことあるよ」と言いましたら、坊やの口から他にも出てくる出てくる
(;´Д`)


いわく、お家に帰る途中にも「見られてる」ことがあるのやとか


3歳児には何が見えてるんだろう
(;・∀・)


posted by woep at 22:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
うちの子供もそれくらいの頃に天井を見上げてニコニコしながら手を差し出してたことがあります。
ちょうどその頃にばあちゃんが倒れました、偶然にしちゃ出来すぎな気がする
Posted by Q at 2016年01月23日 23:48
さては見られて困るようなおいたをしていましたね?(^_^;)>おとーちゃん

季節限定物ではない人形ではどうなんでしょうね。いや、オリエントさんではなくてボークスあたりでw
Posted by Octa at 2016年01月24日 04:57
>Qちゃん
幼児って、わしらの知らん世界を知ってるんでしょうなぁ

>Octaさん
それを検証するには何体かフィギュアを買わねばなりません。もちろん教育上の経費で(コソコソ
Posted by anba at 2016年01月24日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172600977
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック