2017年11月06日

お湯の不思議


お風呂の時間。湯船につかりながら坊やが尋ねてきました


(・ω・)なんで、おゆのなかから、(こうやって)てがだせるん?


知的好奇心キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


なるほど、坊やには、湯船に張ったお湯(の表面)がバリアのように見えるわけね。なのに、なぜ普通に通過できるのか?と


それは分子構造がうんぬん・・・ではなく、なるべく易しい言葉で説明しようとチャレンジ☆父ちゃん


(;´∀`)(お湯をすくってみせて)ほら、お湯は形がないよね?


(・ω・)うん


(;´∀`)ところで、お湯がどんどん冷たくなって、お水になって、そこからまた冷たくなっていったら、何になると思う?


(・ω・)うーん・・・・こおり?


(;´∀`)お、よく知ってるね!じゃあ、氷にはお湯のように手が通るかな?


(;・ω・)とおらないとおもう


(;´∀`)そうだね。氷はかたまりになって形になってるからね


(・∀・)かたちになってるのと、なってないのとのちがいだね!


概念は伝わったと思います
(;・∀・)


posted by woep at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181500357
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック