2018年03月30日

坊やのSF


二人で妖怪ウォッチを見てますと、SFという言葉が出てきました。聞きなれない言葉は必ず質問してくる坊やは、早速「SFってなに?」と尋ねてきます


5歳児にわかる平易な言葉で、どのように説明すべきか
(;´Д`)


「宇宙とか未来とか科学のことを想像して作ったお話のことだよ」と伝えると、


(・∀・)ノ ぼくもそうぞうしたおはなし、いっぱいある!


(・∀・)ノ きいてきいて!


そこから始まる坊やの「SF」は、宇宙から巨大な物体が落ちてきて、日本をつぶそうとする奴らの頭にぶつかる、というものでした


想像力豊かだなぁ。父ちゃん、君の前でそんな話をしたことないけどなぁ
(;´∀`)


そして、発想は面白いね。でも、本当に巨大物体が地球に落ちてきたら、たくさんの人や動物が死んでしまうこと。恐竜がいなくなったのも、そのせいじゃないかという話があること、


20年くらい前に「アルマゲドン」という、小惑星が地球に衝突しそうになる映画があったこと、などをお話しました


興味津々で聞いていた坊やの目が素敵でした
(・∀・)


posted by woep at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182847135
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック