2018年11月26日

もう1つのお家


一緒に「ドラえもん のび太の恐竜2006」のDVDを見てますと、恐竜とのお別れのシーンで坊やが泣き出しました。6歳半を過ぎてもなお、感受性の強い、やさしい子のままだなぁ


キャラクターに感情移入したのかと思いきや、それだけではなかったようで、涙の理由をお風呂でお話してくれました


(´・ω・`) おわかれってきいて、


(´・ω・`) そつえんしきのこと、おもいだしてん


(´・ω・`) ぼく、おわかれするのん、いやや...


(´・ω・`) ぼくにとっては、おともだちがいる、もう1つのおうちやから...


そう、来年の3月には卒園なのです。ハイハイしていた頃から通っている保育園は、坊やの言う通り、まさに「もう1つのお家」


そりゃ思い出もいっぱいだし、思い入れも強いよね


まだまだ先やと思うてたのに、ここまで本当にあっという間
(・∀・)


posted by woep at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185077302
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック