2019年01月26日

お芝居の提案


保育園での発表会が近づいております。年長組の坊やたちにとっては最後の発表会で、早くから練習もしているようです


お芝居の演目は、坊やがよく読んでもらっていた絵本でした。内容を知っている坊やは、がぜん気合が入ります


主役ではありませんが、重要な場面でセリフの多い、おいしい役どころ。セリフはもう、パーフェクトです
(;´∀`)


そして演出面での提案もしてるようで。。。


(`・ω・´) あんな、きのうな、


(`・ω・´) ぼくがゆったことが、さいようされてん!


(;´Д`) ほほぅ、どんなことかね?


(`・ω・´) びっくりするシーンで、


(`・ω・´) しりもちつくことにしてん


なるほど、園の台本ではそうなっていなかったけど、原作の絵本を知ってる坊やは「尻もちをつくシーンだ!」と覚えていたので、そう提案したのか


(`・ω・´) ぼくが、やってみせたら、「それおもしろい」って


君はホンマいろんな才能を持ってるなぁ
(;・∀・)


posted by woep at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185443593
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック