2019年03月31日

そして児童に


卒園式を終え、最後の登園日も済んだ坊やですが、今日で幼児としての時代も終わることになります。明日からは「児童」で、交通機関の乗車料金も発生します


ホンマにあっという間でした。長かったけれど、振り返ってみればあっという間だったのです


昨夜は「男同士」でいろんな話をし、坊やは保育園で抱えていた葛藤があったこと、そしてそれを自力で解決したことなどを話してくれました


外見はすっかり児童な坊やですが、内面もしっかりついてきているようです。父ちゃんひと安心
(;´∀`)


ただ甘えるだけだった時代から、自分の考えを持ち、発信するようになった坊やを見てますと、これまでとはまた違った「宝物の時間」が始まるのだなぁと思わされます


そして明日からは新しい旅です
(・∀・)


posted by woep at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月30日

LaQフェスタ in 大阪


南港ATCで開催されている「LaQフェスタ in 大阪」へ、坊やを連れて行って来ました。LaQ大好きな坊やは、いつもより早起きし、テキパキと準備を済ませましたw


開場10分過ぎぐらいに到着し、当日券だから(プラレール博みたいに)長蛇の列かねぇと思うてたら、並ばずに購入できました。会場内もそれほど混雑しておらず


アトラクションもいくつかありましたが、どうやらメインは「LaQの量り売り」のようで、場内に用意されているLaQを使って自分で作ったものを、量り売りで購入できるシステムのようです


IMG_2036.jpg


お手本には見向きもせず、仮面ライダーウォズを作っていた坊や
(;´∀`)


イベント限定品も買ってもらい、超ご機嫌さんな坊やでしたが、


家で大事な約束を守らなかったため、LaQを没収されて涙目になったのでした
(;・∀・)


posted by woep at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月29日

最後の登園日


坊やの長い保育園生活も、今日でおしまい。園児たちもそれぞれに想いがあるのでしょう、お母さんがお迎えに来ても、なかなか帰ろうとしない子ばかりだったとか


そりゃそうですよ。家にいるより保育園にいた方が長かったりするのですから


園児たちにとっては、まさに「もうひとつのお家」でした


父ちゃんが帰宅すると、坊やが玄関まで出迎えてくれて


(・∀・) きょうで、ほいくえん さいごやった


笑顔で報告してくれました


1つの旅が終わり、また新しい旅が始まります


おめでとう坊や!
(・∀・)


posted by woep at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月28日

ありがとう保育園


年長組の最終週なのに、今日は体操教室があり、明日はちょっと遠くまでお散歩があるという、最後までまったく手を抜かない坊やの保育園です


次の学年のこともあるので、その準備で先生方も大変でしょうに
(;´Д`)


近所にも別の保育園があるのですが、卒園式が終わったあとは消化試合みたいになってます。坊やの通う保育園が異例なのかもしれません


それにしてもホンマにエエ保育園でした。子供を預かるだけでなく、しっかり育んでくれまして、一人一人の個性を大切にしてくれてた印象があります


また、育児についての適切な助言をくれたりと、母ちゃんもずいぶん助けられたようです


何よりも、坊やの個性にピッタリだったのが良かった。保育園には感謝しかありません


そして明日は、いよいよ最後の登園日です
(・∀・)


posted by woep at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月27日

3本目も無事に


晩御飯の最中、ほっぺの内側を噛んでしまった坊や。痛くて涙目。おやおや、ちょっと疲れてるのかな?


風邪気味なのもありますが、また乳歯がグラついてますので、それを気にしてるせいもあるかと


そして寝る前に歯を磨いたあと、


(´・ω・`) なんか、ちがでてきた


(´・ω・`) ドロッとしてる


坊やが不快感を訴えてきました。もうすぐ歯が抜けるから、その合図だよ。大丈夫。と言うてると、


(`・ω・´) はが、ぬけてた!


気づいたら床に落ちてたそうですw


3本目も無事に抜けたね。おめでとう!
(・∀・)


posted by woep at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月26日

空間のある絵


毎年この時期になると、園から持ち帰ってくる「おもいで」。絵画教室などで描いた坊やの絵を、先生方がまとめてくださったものです


今年も力作ぞろい。なのですが、父ちゃんは気付いた


坊やの描く絵って、空間(余白)を大きく取っているものが多いのです。それも構図からみて、たぶん意図的にやっているものと思われます


男児にありがちなのは、紙の隅々まで目一杯詰め込んだ絵を描くことです。「全部描かなきゃ!」みたいな勢いで、しかし最終的に何の絵かわからなくなるという
(;´Д`)


坊やも5歳ぐらいまではその傾向があったものの、最近の絵はどれも空間を大胆に取っています。そんなこと教えてないんだけどなぁ


思い当たることといえば、画用紙やお絵かき帳を「どんどん使いなさい。なくなったら、いくらでも買ってあげる」と言うてたことぐらいですかね


だから詰め込まずに自由に表現するようになったのかな?うーん、わからん
(;・∀・)


posted by woep at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記